インハウスSEO CSS Nite LP24

インハウスSEO CSS Nite LP242012年9月22日(土)にベルサール神田にて開催。

インハウスSEOをどう実施していくかに焦点をあてた内容だったため、
実務的なことを学びたい方には物足りなかったかもしれませんが、
どう体制を作っていくかを実例を元に学べたので面白かったです。

たまにはブログも更新しなくちゃね。
ということで以下、メモ書きです。

1:インハウスSEO
成功する担当者、失敗する担当者
渡辺 隆広(iRep)

SEO担当者としてどうあるべきかをテーマに語られました。

Content is King が現実的になってきた。

検索エンジンの機能強化のおかげで不正がしにくくなったため、
リンクも大事だけど、いよいよコンテンツの時代がやってきた。
お客さまの知りたい内容でサイトを強化すべし。

マーケティングの視点が重要

ウェブだけのことじゃなくて、リアル店舗、雑誌広告などを含め全体としてみることが重要。
これは実務でも感じていて、私のお客さまでもマーケティング担当が多くいらっしゃり、
技術的なことよりも、どう伝えるか、どう引き込むかについての話題が多いです。

プロとしての基礎力をつける

検索エンジンの仕組みを知っているか?
10以上の事例を説明できるか?
片手間でやらざるを得ない場合もあると思いますが、
えいやっ!と、最初に本を1冊読んで、事例もいくつか集めておくのがよいかなと。

2:海外企業インハウスの構造と対策にみる
インハウスSEOのあり方
ハント 肇子(SEMPO)

インハウスSEOを実践している現場から、
社内体制の作り方、SEOとPPCの共食いを防ぐ方法、
社内向け教育の重要さ、など事例を元に語られました。
今回、一番参考になったセッションでした。

制作ガイドラインを制定している企業は増えてきましたが、
SEOについては戦略が定められていない場合が多いのは
実務でも感じることがあります。

3:Googleの最新動向から見るSEO会社の使い方
~ペナルティ・アラートへの対応と
インハウスSEOにおけるSEO会社を使うポイント~
木村 賢(CA)

インハウスSEOだけで回らない時には
SEO会社もよろしくメカドック的な感じでした。
確かにツール類は専業の方のものを使うメリットもあるなと思いました。

あと、グーグル ウェブマスターツールのペナルティアラートを
これでもかというくらい見ることができたのが面白かったです(笑)

4:Ask The SEOs
鈴木 謙一、Bill Hunt、山田 研一(Gap)、田中 樹里(AirAsiaExpedia Japan)、三澤 直哉(楽天)、安田 英久(Web担当者Forum編集長)

事前に集めた質問に登壇者が答えていく形式でした。
各社のKPIの設定が細かかったり粗かったりして面白かったです。
会場からの質問もレベルが高かったです。
ぼくはきっと「どうでもいい」質問をしてしまいます(笑)

5:外部リンク獲得のためのコンテンツプランニング
~プランニングを成功させるために重要なたったひとつのこと~
松尾 茂起(Webライダー)

今回、一番実務的なことを語られたのではと思います。
SNSを使った後の拡散経路や、
リンクをしたくなるコンテンツの作り方が興味深かったです。

技術で頭でっかちになりがちなので、
CDまで発売しちゃうノリの良さを見習わねばと思いました。
SEOだって人と人のコミュニケーション、楽しい方がいいですもの。

6:事例で考える『SEOの力』
辻 正浩(フリー)

nanapi社の実例を元に語られました。
社内体制がしっかりしていることと
社員のみなさんの意識の高さを感じました。
体制作りが成功した事例だと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です