百度統計のデモ画面を試用

百度統計のデモ画面を試用普段は Google Analytics(以下GA) をメインに使っていますが、
Baiduが提供するアクセス解析ツールである
百度統計(以下BT)に面白そうな機能があるので試してみます。

百度統計 http://tongji.baidu.com/

トップページへアクセスすると、画面の右側にログインフォームがあり、
その下側のボタン「免费注册」が新規登録、「查看演示」がデモ画面です。

まずはデモ画面を使ってみます。
ちなみに、私は中国語が分からないので
グーグルクロームの翻訳機能に頼っています。
登録と設置は次回

●デモ画面を試用

左側メニューは大きく6つに分かれていますので、
それに従って書いてみます。

1. 网站概况(サイトについて)

GAでいうマイレポート的なものでしょうか。
GAが日別で1ヵ月分のグラフが出るのに対して、
BTは時間帯別で1日分のグラフが出ます。

しかも「今日」です。1時間ごとに集計をしているみたいです。
中国は良くも悪くもビジネススピードが速いですから、
すぐに分析ということなのでしょうか。

2. 趋势分析(トレンド分析)

ここでの注目ポイントは「最新访客(最新の訪問者)」です。
表の右端にある「查看详情(詳細を見る)」をクリックすると、
訪問者が流入してから離脱するまでの全ての行動を確認できます。

GAでも似たような機能はありますが、
ここまで簡単に詳細を出してくれないですね。
残りのメニューは、今日、昨日、過去30日分の統計を表示します。

3. 来源分析(ソース解析)

GAの「トラフィック」メニューに該当する機能です。
参照元、キーワード、広告からのトラッキングなど
同じような項目が並んでいます。

「访问入口(アクセスの入り口)」は
GAの「コンテンツ>上位のランディング ページ」と似ていますが、
タブでいくつかの指標を切り替えて細かく見ることができます。

4. 网站分析(Web分析)

「页面点击图」の「热力图」が面白いですね。
サーモグラフィのようにクリックした場所に色がつくので、
視覚的にクリック率を見ることができます。

GAの「ページ解析」と同じく数値を表示する
「链接点击图」というのもありますが、
こちらはGAのほうが分かりやすいです。

他の項目はまだ理解が足りなくて、「受访页面」が特になのですが、
他は下位ディレクトリへのアクセス統計とかを調べられるみたいです。

5. 访客分析(訪問者の分析)

GAの「ユーザー」メニューに該当する機能です。
地図表示が中国国内に特化してあります。
海外の地図はなぜか日本だけあります。

項目的にはGAのほうがより詳細なデータを見ることができます。
BTはユーザー環境の概要を知ることができるぐらいです。

6. 常用工具(一般的なツール)

「百度收录量查询」が謎なのですが、
他はBaiduの他サービスへのリンクです。

●使ってみた感想

中国に特化したアクセス解析ツールの印象が強いです。
他国でこれ単体で使うには少々厳しいと思います。
機能的には「最新访客(最新の訪問者)」と「热力图」が
GAには無い魅力的なものなので併用してみると面白いかもしれません。

百度統計を設置してみたへつづく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です